これで解決?不動産管理の困り事相談は専門家へ!

物件と入居者管理の専門家とやりくり上手の専門家

不動産管理のコンサルティングとは?

言われるままに賃貸物件を建てて、入居者も集まったけど管理費用は適切なのかどうか心配になることがあります。
建てる前に管理費用の目安を計算していたかもしれませんが、その通りになるかどうかは実際に経営してみないと見えてこない部分があるのです。
管理費を見直す専門家が不動産管理コンサルティング会社です。
賃貸物件は住宅、商業施設や工場、倉庫、老人ホーム等の施設と多岐にわたります。
その施設の品質のための管理費用を見直し、適切な金額を提案します。
マンションなど管理費の項目を見直すことによって、一世帯当たりの費用が削減できます。
専門家に見直してもらった内容と適切な管理費は、入居者への安心につながり、オーナーの信用にもなります。

管理会社を選ぶときのポイントとは?

管理会社にはそれぞれの得意分野があります。
比較する際のポイントとして一つめは、入居率の高さを見ておきましょう。
お部屋に空室があるとその分の賃料は入ってきません。
管理会社の集客能力が問われるところです。
近隣の入居率のデータを見れば、経営のイメージがつかみやすいと思います。
二つめはオーナーの意向に合わせたプランの提供ができるか確かめましょう。
これから建てる人へ向けた内容、既存の物件の希望に沿ったリフォームやリノベーションの提案があるか?費用に見合っているかを確認します。
三つめはクレームやトラブルに対し柔軟に対応できるか?
オーナーにすぐに知らせがくる体制か。
入居者の出入りの連絡や修繕、設備の故障の対応が遅い会社は不満に思うだけでなく後々クレームにつながります。
連絡があっても事後報告をするような管理会社は要注意です。
管理会社へ依頼するなら、オーナーになる人もある程度勉強しておきましょう。


TOP