これで解決?不動産管理の困り事相談は専門家へ!

不動産の活用プランと税金の関係とは?

税金対策を考えるなら賃貸経営?

土地を遊ばせておくと税金が高額になるので駐車場にして税金対策、という話を聞いたことがありませんか?
賃貸住宅を建て、経営することで固定資産税や不動産取得税などが軽減されるようです。
各自治体により、期間や内容が変わることがあります。
賃貸経営を行うにあたり、入居者募集のための広告費用などが必要経費として計上できます。
仲介手数料、管理手数料と不動産会社へ支払う費用も必要経費で認められています。
税金関係はほかにもありますが、控除や軽減措置があることから節税効果があると言われ、サラリーマンで賃貸経営を考えている人が増えています。
そのようなアドバイスを提案してくれるのが、会計会社やコンサルティング会社の専門会社です。
どんな方法で節税になるのか?賃貸経営のためのプランニングを提案します。

ハウスメーカーによる不動産管理とは?

土地探しから経営までをトータルでサポートするハウスメーカーがあります。
賃貸住宅建設、経営プランが多彩なことが強みです。
地域の特性を生かした賃貸プランニングを提案します。
どんな人に住んでもらいたいのか、オーナーの意向を取り入れながらお部屋の間取りや地域の条例に沿った住環境を作り上げていきます。
賃貸物件のイメージがつかめている人には、メーカーによる選択肢があるので話が進めやすいのではないでしょうか。
メーカー主催のオーナー同士の交流会や勉強会があり、建てた後のサポートも充実しているようです。
流行りの設備や間取りの情報に強いのもハウスメーカーの実績があればこそ。
オフィスや高齢者住宅、商業施設と提案の幅が広いのが特長です。
賃貸経営すると決めていて、プランで悩んでいるならいくつかの可能性を提案してもらうと良いでしょう。


TOP